卓上バルク螢光X線分析装置(XRF) | Lab-X、X-Supremeシリーズ

様々なアプリケーションでの品質保証及びプロセス制御要求を満たす非常に柔軟でパワフルなエネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDXRF)、分光計X-Supreme8000、Lab-X3500による蛍光X線分析(XRF)です。例:石油、原油、木材処理、鉱物、鉱業、化粧品、セメント、紙など

お問い合わせ

なぜ日立バルク蛍光X線分析装置(XRF)が選ばれるのか?

  • 操作が簡単
  • サンプル前処理が最小限又は不要
  • 低い検出限界
  • 過酷な環境に対応する堅牢な設計
  • ユーザーカスタマイズやメソッド開発に対応する柔軟なソフトウェア
  • 簡単な機器パラメーター
  • 総合的な定性分析又は完全な定量分析
  • 定性又は完全な定量分析を実行できる柔軟性

分析装置比較

Lab-X3500 蛍光X線分析装置(XRF)

Lab-X3500によるXRF分析により、時間とコストを節約しつつ、生産性を向上させることができます

  • Lab-X3500は、品質管理が必要な場所であればどこでも幅広く様々な場所で動作するように設計されています。例:実験室、現場
  • Lab-X3500は、石油、木材処理、セメント、ミネラル、鉱業、プラスチックなど幅広い産業向けの、高い信頼性があり、かつ手頃な価格の蛍光X線分析装置(XRF)です。
  • Lab-X3500は、品質管理が必要な場所であればどこでも幅広く様々な場所で動作するように設計されています。例:実験室、現場
  • 製造スタッフが24時間365日安心して使える小型でコンパクトな装置です。
  • Lab-X3500は、ASTM D4294、ISO8754、ISO20847、及びIP336に準拠しています。
<b>Lab-X3500</b>

Lab-X3500

X-Supreme8000 蛍光X線分析装置(XRF)

品質保証やプロセス制御要求対応用X-Supreme8000 蛍光X線分析装置(XRF)

周期律表の元素Na11〜U92をカバーしており、固体、液体、粉末、ペースト、フィルムなど、ppmから高%までの幅広いサンプルを分析できます。

  • サンプル前処理が最小限又は不要
  • 無人操作が可能で、実験室以外のオペレータでも操作できます。
  • 高速、高精度、長期信頼性のためのFocusSDテクノロジー
  • 定性分析、半定量・完全定量分析を実行する柔軟性
  • X-Supreme8000は、ASTM D4294、ISO8754、ISO20847およびISO13032試験方法に準拠しています。
<b>X-Supreme8000</b>

X-Supreme8000

`
'